ブログ

たかが証明写真されど証明写真!!

写真写りが悪いから 写真に撮られるのが苦手 自分の顔にコンプレックス 人は証明写真一つでも それぞれ考えが違います 人の面白いところは自分が思うほど第三者は気にしていません。またカメラと違い人は柔軟に相手の顔を見てしまいます。好きなタイプの顔は、より良く見てしまいますし逆に好みでないと嫌なところを強調してみてしまいます。当たり前ですがカメラはストレートにそのままを写します、では写真撮影を職業とするカメラマンは写した写真をそのままプリントしているか撮影する前にヘアメイクさんを入れてもやはり手を加えてプリントをします。これが写真修整(レタッチ)です 例えば下記の写真 上の写真の目の位置 向かって左の目が少し上の位置にあります 下の写真では下げてバランスを撮りました同時に瞳を0.05%大きくしています。このように気が付かない程度に手を加えてレタッチをするだけで変わります。プリクラや写メのアプリみたいに完全に変えるのではなく第三者が気が付かないように貴方が思っている自分の顔のコンプレックスをほんの少しレタッチを施すことで貴方がいやいや撮っていた証明写真に自信が持てる事でしょう。

1209

人の顔は左右対称ではありません 写真ではそのバランスを少しとってやることで見た目が違ってきますヘアメイクも同じで第三者が貴方の顔を見てバランスをとりながらメイク(チーク・紅・アイラインその他)を施しています。  Studio7はヘアメイクを置いておりません撮影後専用アプリでお客様と相談をしながら仕上げていきます。これにより撮影料金を他のスタジオより抑えることが出来ました。

 

上から元写真
2番目の写真は?黒目の位置
3番目の写真は?
見た目それほどわからないのではないですか。やり過ぎると別人になってしまします。見た目変化に気づかないように 自分ではすごく気になる場所(顔のパーツ)を調整出来ます。デジタルだから出来る事はお任せ下さい。

ヘアメイクアップ・アーティスト(人が人の顔・ヘアを作る)とフォトメイク(パソコンアプリで写真データを作る)この二つの違いを比較してみます。先ずは何が大きく違うか前者の場合人が人にヘアメイクを施すため時間が最低1時間前後かかります、 お客様がスタジオに入ってから撮影が終わり写真を選び終わるまで1時間から1時間半はどうしてもかかってしまう、フォトメイクの場合撮影が終り写真を選んだらイメージをスタッフに伝えたら基本これで終わり30分前後で終了、後はメールにて自分にのイメージ通りに仕上がっているか確認、イメージが違えば直しもうけたまわります。安くて気軽にできるからぜひ一度経験して見て下さい。

肩から首・顔の位置の修整、人の体は左右対称ではありませんまた人によっては首の位置がずれている方もいます。生まれ持ってずれてる人、生きていく過程でゆがむ場合もあります。下の2つの写真を比較して下さい。最初が元の写真次が直した写真です。この写真は正面から撮ったのでこのようになりますが人物の座る角度のよって違和感のない撮り方もできます。

フォトスタジオをプリクラみたいに使いませんか?ただきれいな写真で満足ですか?貴女らしい写真、貴女が貴女らしいと思える写真を撮りませんか。それはどんな写真か?

私達撮影者はどの様な考えで撮影をしているか?ただ奇麗に写せばいいのか?撮影者の思いが写真に込められているか?たかが証明写真されど証明写真   証明写真の撮影でただ撮るのではなく変化を実際の撮影で本人に体感してもらう事で 自分の写真の変化を見る事で自分自身が求める写真が何かが分かります。

証明写真は第三者(人事の面接官)に見てもらいます。第三者にどのように見てもらうか?

貴方が第三者にどの様に見せたいか?個人個人思いは違います。

まして就職活動証明写真では思い入れが違います。

賢そうに 仕事が出来そうに 人当たりがよさそうに  カワイク見てもらいたい 奇麗に見せたい

それぞれ考え方や思い入れが違います。私達撮影者は私達が良いと思う写真を押し付けるのではなくお客様である貴方の思いを写真撮影で表現する事が仕事だと思っております。